埼玉県川口市にあるおススメのAGA病院

男性の脱毛症はAGA(男性型脱毛症)とも呼ばれていて、思春期を超えた成人男性に起こりやすい脱毛症ですが、その発症の原因には、老化やストレスによる男性ホルモンの変化、遺伝などによる影響を受けて起こり、だんだんと髪の毛が薄くなっていく進行型の脱毛症という特徴があります。薄毛が進む箇所は個人によって違い、頭頂部や前頭部、額の生え際から髪の毛が薄くなっていくことが多くあり、その発症原因などにより効果のある治療方法も個人によって違うものになっていて、その人その人に合った治療方法を行うことが大切だということを知っていますでしょうか?

 
薄毛や抜け毛や治療することができないと言われることもありますが、その理由のひとつとして個人のAGAの原因と異なった効果のある市販の育毛剤や薬などを使用していたり、医療機関での治療を受けずに自己判断での治療をしていることが理由となっていることがあります。治療方法は異なっているものをいくら使用していても効果を感じることができないために、治療を諦めてしまうことで薄毛や抜け毛がさらに進行してしまうのでしょう。

 
AGAの原因は個人で判断するものではなく、専門の知識や技術を持った医師の診察によって治療方法を決めることが治療の近道だといえますし、全く効果のない薬などを使用していると副作用が起きる危険性もあるので注意しなければならないでしょう。AGAの治療には、AGA治療を専門的に行っている病院を利用することが大切になりますが、AGA治療には年単位での長期的な治療期間がかかるため、自宅や会社の近くの通いやすいAGA病院を探すことが必要になり、いつでも相談できるような信頼出来る医師の元での治療をすることが必要になります。

 

 

埼玉県川口市でおススメのAGA病院を探すには、インターネットから住所から検索することもできますし、住所・電話番号などが一覧になったまとめサイトもありますので、自分の通いやすいAGA病院を探すことができるでしょう。アクセス方法もあるので、駅から近い場所や徒歩で通える病院かどうかも確認することもできますし、AGA専門の病院に通うのが恥ずかしいと感じる方は、皮膚科でAGA治療や薬の処方を行っている病院もありますので、自分に合った病院を見つけることができるでしょう。

 

 

AGA治療薬として、代表的な薬のひとつにプロペシアがありますが、プロペシアはアメリカのメルク社で開発された内服薬で、世界60カ国以上で認定され世界で初めて1日1回の内服によってAGA治療をすることができる治療薬です。日本では2001年に臨床試験を開始し、2003年に厚生労働省から承認を受けたことで、2005年から国内販売を行うようになり、AGAの原因物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)に作用することで、休止期にある毛根から毛髪が育つように働きかけたり、退行期にある細くなった毛髪にコシを与えて、長く太い毛髪にしていく働きをします。

 
20代〜50代までの成人男性を対象とした治療薬ですが、1年間で半数以上の人が効果を実感し、3年では70%以上の人が効果を感じている実績のあるものです。プロペシア処方には保険が適用されないため、保険証を持参しなくても処方してもらうことができ、来院して診察を受けてから最短で15分で処方されることもあり、その後も経過を見ながら処方していきますが、特に異常がなければ薬を渡すだけで済むこともあるので、時間がない方でも安心して診察を受けることができるでしょう。AGA病院では無料でカウンセリングを行っているところも多いので、気になる病院がいくつかあるようでしたら、カウンセリングを受けていろいろと質問してみるといいですね。